前歯のインプラント

歯周病をなおしてインプラント

困難な前歯インプラント

インプラントは人工歯根を埋め込む手術ですが、特に困難とされるのが前歯部分です。支える骨は薄くて、人工歯根の埋入手術では骨吸収が起きてしまうこともあります。骨吸収が起こると歯肉が退縮してしまいます。歯周病にかかっていると、その退縮が進んでしまうことから、しっかりと治療をしてから行う必要があります。そのままにしておくと人工歯根が飛び出したり、歯が長く見えたり、見た目がキレイじゃありません。せっかくのインプラントで仕上がりが前より悪くなってしまうのでは何も意味もないことです。そのため、骨吸収による人工歯根の露出防止のため、支える骨や歯肉を増やすために骨移植や骨再生などを行う必要があります。

歯周病で失った歯にインプラント

歯は大切にしたいものですが歳を重ねていくと弱くなってしまうのです。歯が弱くなるということもありますが、歯茎が下がってきてしまうという歯周病になることもあります。インプラントはこのような歯の病気の治療に適しているのですが、それは一本でも複数本でも治療することができるためです。歯茎が下がってくると弱い部分の歯が抜けてしまうことになります。このまま放置しておくと骨まで弱くなってきてしまうので、早めに治療する必要があるのです。インプラントは歯周病によって歯が抜けてしまったなど歯茎の骨を弱めないようにするためにも良い治療方法です。

↑PAGE TOP